中国切手はプレミアで買取りできる

中国切手の中でもプレミアと呼ばれる切手

売る前になって知ったのですが、今中国では切手ブームが来ているのですね。日本では切手ブームが終わったので、私も売ろうと決意したのですが、中国でブームが来ているとは驚きでした。そのため、中国切手は今高く売るチャンスのようです。

富裕層の間で流行っているのですが、プレミア切手をプレゼントする、ということまでおこなわれているみたいですね。コレクションをしている人が多くなっていることから、需要が増えている、そのため日本にある中国切手も需要が増えて高く売れるという仕組みみたいです。

プレミアが付く切手にはいくつか種類があります。オオパンダという中国切手は有名なものです。どんな切手かというと、ずばり中国の象徴であるパンダが描かれる切手ですね。オオパンダは何枚かのセット売りなので、それぞれパンダのポーズが違う切手がそろって販売されていました。そのため、コレクションしたい人もできるだけセットのオオパンダを探しています。セットで所持している人は、売ると高値を付けてもらえる可能性が十分ありますよ。

やはりセットを求めている人が多いということは、できる限りセットで買取業者も買い取りたいと思っています。

プレミアが付く時代というと、大体1966年ぐらいからの10年間ですね。この間は文化大革命といって、中国では切手を収集してはいけないことになっていたのです。そのため、中国国内にはなかなかその時代の切手がないため、プレミアとなっています。日本ではたくさんあるため、それを中国の人々が欲しいという状態なのですね。

コメントは停止中です。