中国切手の毛沢東は高額買取りの可能性大!

毛沢東の中国切手は高い買取額がつく

毛沢東関連の中国切手は、高値で取引されています。有名でもありますが、毛沢東関連に切手についていくつ種類を知っていますか?意外とたくさんあるので、どれがどれなのかわからなくなる、ということもあるぐらいです。もちろん買取業者はきちんとどれがどれなのかをわかって査定をするものですが、自分である程度査定額を知るために、知っておきたいですね。実は私も、毛沢東関連の切手がありましたが、どれにあてはまるのかがわからなくて、結構探しました。

「毛主席<詩詞> 文7 14種完」「文2 毛主席像 1967年」「毛沢東 文化大革命」あたりは有名です。どれも高値で取引される毛沢東関連の切手です。これら以外にもありますが、まずこの3種類については知っておいてください。金額としては、数万円から数十万円になりますね。切手の価値としてはかなり高い方になると思います。

基本的にはシート売りというか、いくつかの種類がセットになって売られていたものなので、買取の際はシートで持っているならバラさずにそのまま売ってくださいね。バラバラにすることで、価値がかなり下がってしまう可能性があります。

高く売れるといっても、買取業者や時期によっては高く売れるとは限りません。中国の切手ブームが終わってしまう可能性もありますし、買取業者側に在庫があって積極的に買取していないかもしれません。こうした状況による変化はありますが、今のところ高く売れています。売るなら今売ってください。そのほうが確実に高値で買取してもらえますよ。

コメントは停止中です。