中国切手買取相場の現実

買取相場は上がっている、中国切手の実情

中国では中国切手ブームが訪れているの、知っていますか?日本では何となく切手ブームが終わった感があるので、てっきり中国切手は高く売れないだろうと思っていましたが…中国国内でブームが来ていることにより、私の売りたかった中国切手も高く売ることができました。

中国では、文化大革命の時代がありました。その時代には切手を収集することができなくなっていました。禁止だったのですね。そのため、もちろん国内に残っていた切手さえ処分され、収集できない状態にされていたのです。その結果として、文化大革命時代の中国切手が中国国内にはほとんどといっていいほど残されていません。ただ、日本ではその時代の中国切手をコレクションしていた人が多かったことにより、今その時代の中国切手が日本で多く見つかっています。切手ブームの中国の人々が、日本にある中国切手を求めている、という状態なので、高く売ることができます。相場がぐんぐん上がっている状態ですね。

年数で表すと、大体1950年代から1990年代のものが高く売れる傾向にあります。新中国切手カタログなどでは中国切手を紹介していますので、一度見てみるといいかもしれません。自分が持っている中国切手がないか、探してみてはどうでしょうか。

中国切手は相場があがってきていることで、切手を扱う買取業者としても中国切手を中心に扱うところも増えてきています。売る側にとっては高く売るチャンスともいえるので、相場が高いうちに売ってしまったほうが得できると思いますよ。

コメントは停止中です。